キューティクルのダメージ対策

キューティクルのダメージ対策 対策としては、「無理なブラッシングをしない」や「ドライヤーの熱風を当てない」、さらに「温度調整をする」などです。 ドライヤーの温度に気をつける キューティクルを正常な状態に保つには、ドライヤーの温度を体温より少し温かいくらいに抑えるのがよいとさ...

MORE

キューティクルのケア方法!

キューティクルをケアするうえで知っておきたいことが、 「キューティクルは湿度や温度が上がると開く性質を持っている」ということです。 キューティクルはバリアの役割があるため、 トリートメントやコンディショナーで髪内部に保湿や栄養成分を入れようとしても、なかなか内部...

MORE