まとまらないくせ毛をツヤ髪に

ツヤが出なくて痛んで見える、自分ではうまく扱えない。

そんな悩み、くせ毛なら誰もが感じたことがあると思います。

ツヤやかにするためには、内部に十分な水分があることと、表面が整っていることが絶対条件。

そのために必要なステップを今回紹介しますのでこれを機に、毎日のケアを見直してみて下さい。

 

 

まず、美容室でベースを整える!

  • カット

すきすぎず適度な重さを残して表面に傷がつかないようにカットしてもらいましょう。

鋤きすぎたり表面を傷つけるカットをされると、広がりやすく、ツヤも損なわれてしまいます。

美容室でつかってる商材の効果で、切りたては調子良くても後々まとまらなくなることありませんか?

  • トリートメント

ベースとなる栄養の補給をし、髪を均一に膨らませ表面をコーティングし、水分をとじこめます。

 

 

家でしっかりケア

美容室でしっかりベースを整えたら、次はどうやってキープしていくかが大切です。

 

  • シャンプー選び

洗浄力を抑えた、髪に優しいシャンプーを使う事でトリートメントの流出を防ぎます。

シャンプーにも様々な種類があることはご存知かと思いますが、

きしまない優しいシャンプーを使用していくのがオススメです。

  • トリートメントをする

美容室では、通常トリートメントといってもたくさんの種類、効能があり、

それぞれに特化したものを組み合わせて使用しています。

当然ご家庭で同じ行程はできませんので、

家庭では簡易的なトリートメントでも、流出してしまった成分を定期的に補給していくことが大切です。

  • アウトバストリートメントを付ける

よく洗い流さないトリートメントと呼ばれる物になります。水分を閉じ込めるためのコーティングをしてくれます。

基本熱に反応するものが多く、ドライヤーの前につけると効果的です。

 

ドライヤーでツヤをだす

髪の毛の状態が整ったら実際にしっかりとツヤをだしていきます。

なかなかうまくいかない理由もここが原因の場合が多いです。

 

  • 風を当てる向き

髪の毛表面にある、皮膚のような部分をキューティクルと言います。

主に毛髪を守る働きをしていて、このキューティクルは濡れると開く性質をもっています。

トリートメントをする時に先にシャンプーをするのも開かせて栄養が入りやすくするためでもあります。

この開いたキューティクルを閉じるために、ドライヤーの風を髪の根元から毛先に向くように乾かしていきます。

ここで重要なのが、頑張って乾かしすぎると水分が抜け過ぎてしまいますので、

7程度乾かしたら、ゆっくりと熱を与えるイメージで毛先まで熱を与えていきます。

  • 良いドライヤーを使う

最近のドライヤーの性能はとてもすごいです。

コストはかかりますが、美容院でのメンテナンスの費用を考えると

毎日使うものなので思い切って高性能ドライヤーに替えるのもオススメです。

 

スタイリング剤をつける

ツヤとは光の反射ですので、髪の毛の表面に光を反射させやすいスタイリング剤をつけます。

ベタベタするのが苦手な人でもキープ力の無いものもあります。

外からのダメージを和らげる効果もありますのでぜひ使ってみて下さい。

 

ストレートアイロンを使う

どうしてもツヤが出ないという方はストレートアイロンをつかいます。

ですが、クセを活かしたヘアスタイルには向きません。

 

 

 

日本人の毛質であれば、大半の方がここまでやればくせ毛でもツヤを出せると思いますので、

ぜひ今日から活用してみてください。



お客様に似合うヘアスタイルを見つけます、石川県の美容室ZAU for HAIRにお任せ下さい。


店舗名:ZAU for HAIR

住所:〒929-1174 石川県かほく市浜北イ19-11

TEL:076-256-1389

営業時間:9:30 - 19:00 (18:00 ラストオーダー)
定休日:毎週月曜日, 第1・3日曜日

業務内容:美容室

ALL VIEW