ヘアサイクルを知って、美髪を目指しましょう!

女性の髪のサイクルは4年~6年で、
髪は傷んでしまっても常に新しい髪が生えてきてるのです。

 

髪の成長

髪の毛の本数はどれくらいかご存じでしょうか?

一つの毛穴からは平均3本の髪の毛が生えていて、
毛穴の数は平均4万個と言われていますので
髪の毛の本数は3本×4万個で12万本も生えていることになります。

そして髪の毛が伸びる速さは一年で約10cm前後です。
10万本もの髪の毛が一年で10cmも伸びるのですから、髪の成長力のすごさが分かります。

毛穴が汚れで詰まればその毛穴から生えてくる髪の毛の本数が少なくなりますし、
栄養不足になれば成長が悪くなります。
髪を健康に育てるためには頭皮環境の改善がとても大切なのです。

 

髪が伸びる仕組み

髪の毛の根っこの頭皮に埋まっている部分を毛根と呼びます。
毛根には丸く膨らんだ「毛球」があり、そこに「毛乳頭」や「毛母細胞」があります。

毛乳頭は神経や毛細血管が集中している部分、毛母細胞は栄養を吸収して新しい髪を作る部分です。
この毛母細胞が分裂をくりかえすことで髪はどんどん伸びていくのです。
ですから、毛根部分に栄養が届かないと髪は成長することができなくなってしまうのです。


そしてその栄養を届けているのは血液です。
頭皮の血行を良くしてたっぷり髪に栄養を届けてあげることが大切です。

 

ヘアサイクル

女性の髪の寿命は4年から6年で、4つの時期を1サイクルとして成長したり休んだりを繰り返します。

・成長期

髪を成長させる期間で3年から5年続きます。
髪のサイクルの中で最も長い期間です。
髪全体の85%程度が成長期の髪になります。

・退行期

成長期の後にくる退行期では、毛根がだんだん小さくなって髪の成長が鈍くなります。
退行期は1か月から1か月半ほど続きます。

髪全体の1%程度が退行期の髪です。
この間、毛母細胞の分裂は止まっています。

・休止期

毛球が上に押し上げられ、新しい髪のために毛母細胞が分裂を開始します。
3か月から4か月続き、この期間にある髪は全体の10%程度です。

・発生期

古い髪が抜け、新しい髪が生え始める期間です。
新しい毛球と毛乳頭が結びつき、新しい髪の成長が始まります。
古い髪は新しい髪に押し上げられて自然に抜けるようになります。

髪がトラブルを抱えていると、これらの正常なサイクルを維持できなくなります。

成長期の途中で休止期に入って成長し切れずに脱毛してしまいます。
頭皮を正しくケアして、正しいヘアサイクルを回すことが大切なのです。

 

ヘアサイクルが乱れるとどうなるか?

薄毛などのトラブルを引き起こす原因になります。
実は生まれた時に髪の毛の本数は決まっており、日本人は約10万本とされています。

薄毛トラブルが出ている人は、ヘアサイクルが通常より短くなっている可能性があります。
成長期が短く、毛根が十分に成長しないうちに退行期・休止期に移行してしまい、抜け毛が増えてしまうのです。

正常なヘアサイクルの場合、1日に抜ける毛髪の本数は、50100本くらいと言われています。
抜け毛は自然なことですが、もしいつもより抜け毛が多いかな?と感じたとしたら、
ヘアサイクルが短くなっているサインかもしれません。



お客様に似合うヘアスタイルを見つけます、石川県の美容室ZAU for HAIRにお任せ下さい。


店舗名:ZAU for HAIR

住所:〒929-1174 石川県かほく市浜北イ19-11

TEL:076-256-1389

営業時間:9:30 - 19:00 (18:00 ラストオーダー)
定休日:毎週月曜日, 第1・3日曜日

業務内容:美容室

ALL VIEW